ロゴ部分_2.JPG

1965年創業 総合建築設計施工・宅地建物取引業・一級建築士事務所
注文住宅で理想の住まい、リフォームもおまかせ下さい。


(株)中山工務店
住まいのことなら何でもご相談下さい。
☎046-285-0395
Last Updated 2014-01-19



DSC00340.JPG日野市Y邸で施工した壁面全面の造り付け収納。
 生活の中で最も重要になってくるのが収納。
収納は計画性が命です。
いつでも必要なもの、必要でないもの、取り出しやすく、しまいやすい…
見せる、隠す、それぞれの家庭、使う人によって本当にさまざまです。     
新しい家に移る前に、是非、家族みんなで収納計画を! 快適生活の第一歩です。


押入  

 収納の代表選手といえば、いわずと知れた押入。標準的な押入れの大きさはこんな感じです。
t.bmp

 でも、この押入、使いにくーいと 感じた方いませんか?
押入れとは何もこの形式にとらわれなくても構わないのです。棚の高さ、奥行きなどは、入れるものによって変えてもいいのです。
 例えば、90cmの奥行き。 布団を3つ折りにたたんでしまうなら、ゆったり入りますが、洋服などをパイプにかけた場合、1本だと余ってしまい、2本だとちょっときつい。パイプ1本なら、奥行き65cmあればピッタリです。
 また、洋服をたたんで収納する場合、押入なら市販の押入収納ケースを、うまく利用して、サイズを測って、無駄なスペースを無くすことが大切です。出来上がっている押入に後からどんどん物を詰め込む方法では、整理整頓はとても難しいです。

 「押入に何を収納したらいいか」これが、はじめの一歩です。

 自分の持ち物をよく思い返してみて、現在、便利なこと、不便なことを考えながら収納方法を考えていきましょう。


押入収納の例

 字の如く、押し入れないで!
OSI.JPG

 空いているからと、どんどん、詰め込まず、容量80%ぐらいに抑えて!
不要な物は思い切って処分するか、リサイクルに!

OSI2.JPG

OSI1.JPG

新築

中山工務店最終稿20131125チラシ表.pdf
画像クリックで拡大

国産無垢材をふんだんに使用した伝統の在来工法から、耐震耐火性も十分に配慮した最先端建材まで。これからも自然を愛し、自然の力を生かした家づくりを進めて参ります。

リフォーム

nakayama2.pdf
画像クリックで拡大

耐震診断による補強・シックハウス対策・省エネ、自然素材を生かしたエコリフォームなど。家と歴史と生活を慈しむ、世代を超えて住み続けられる家づくりを。

私たちにおまかせ下さい!

R0015517.JPG
画像クリックで拡大

安心安全とお客様の満足をモットーとする当社スタッフと自慢の職人さん達。